若返りたい女性の画像 自分に合った美容方を試している女性の画像

10歳若返る美容方法とは

美容に関して言うならば、日々新しい美容方法が生まれていますが皆さん自分にあった美容法に取り組んでいますか?無理は禁物ですが継続して取り組むことでマイナス10歳の身体に戻ることも夢ではありません。こちらでは様々な美容方法をご紹介します。

         

ほうれいせんを消す美容法で若返る

鏡を見るとほうれいせんが気になる、という人も多いと思います。
ほうれいせんができてしまうと年齢よりも老けてみられがちになってしまいます。
ほうれいせんができる主な原因は頬のたるみだとされています。
加齢や紫外線によるダメージで肌の弾力やハリを保つコラーゲンなどが減少することによって肌が弛んでいくことでできてしまいます。
また、皮膚を支えている筋肉が衰えることや皮下脂肪やむくみの原因である水分を支えられなくなることで重力に負けてしまうこと、肌が乾燥していることなども上げられます。
これらを改善してほうれいせんを消すためには、日頃の美容法が重要です。
むくみが原因でほうれいせんができている場合には顔のリンパの流れを良くすることが大切です。
リンパの流れを良くするためのつぼ押しや美容オイルを使ったフェイシャルマッサージなどが有効となります。
筋肉の衰えには、フェイスエクササイズが効果的で、とくに箸をくわえてエクササイズが良いとされています。
方法は簡単で、箸をくわえて上下の唇をつけたまま、唇を横に引き5秒キープ、口をつけたままで口角をあげて5秒キープ、最後に口角をあげて歯を見せて5秒キープするという運動を行なっていきます。
加齢や生活習慣の乱れ、紫外線からのダメージによって乾燥するという場合には、保湿ケアが大切です。
肌の角質層にあるセラミドや天然保湿因子の量が少なくなってしまっている状態のため、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸を配合した化粧水などを使ってスキンケアをしていくことがおすすめです。
また、季節によっては加湿器などを使用して、適度な湿度のある環境を保つようにすることも肌には効果的だとされています。

目のクマを消す美容方法

目の下にできるクマ、実は3種類あってそれぞれ消す美容方法が異なります。
まずは、自分のクマのタイプを知り、そのタイプにあった美容方法を実践することが大切です。
目のクマの種類は、青グマ、黒グマ、茶グマがあります。
青グマは血行が悪いことで出来てしまうクマのことで、不規則な生活や寝不足、ストレスや体調不良などで血行不良がおこり、その結果クマが発生します。
この青グマに効果的な方法は、血行を良くするマッサージをおこなうことです。血流を流すイメージをしながら、目の周りのマッサージをしましょう。
目頭の下から下まぶた、こめかみ、上まぶた、目頭、こめかみの順に優しくマッサージをします。
皮膚を引っ張ったりしないように気を付けながらおこないましょう。
ホットタオルで温めることもおすすめです。
また、食事でも改善するポイントがあります。
それは体を冷やす食べ物や飲み物を避けることです。
体全体の血液の流れを良くすることで、血行不良が改善されるので、クマにも効果があります。
黒グマは、加齢にともない出来るクマのことで、目の下の筋肉がゆるむことが原因です。
たるみを改善する美容方法が一番効果的とされており、コラーゲンを増やすことが重要です。
レチノール配合の化粧品を使用したり、週に一回はピーリングをおこなうようにしましょう。
また、表情筋を鍛えるのも効果的です。
たるみ防止のために、表情筋を鍛えるトレーニングをおこなってみましょう。
そして茶グマは、色素沈着や角質肥厚などが原因で発生するクマです。
つまり、メラニン色素が関係しているのでシミ対策と同じような美容方法が必要です。
紫外線予防は徹底しておこないましょう。
紫外線を浴びることは色素沈着に繋がります。
夏だけでなく冬もしっかりとケアしましょう。
また、シミに効果のあるビタミンC誘導体などの美白成分の入った化粧品を使うのもおすすめです。

実は間違っている美容法について

肌の為に良いと思って行っている美容法も、実は間違っているかもしれません。
間違った方法を続ければ肌にはダメージとなり、シミやシワ、たるみに敏感肌といった肌トラブルの引き金となります。
毛穴の中に詰まったファンデーションや、皮脂・汚れを落とそうとして、クレンジングを入念に行うという方も多いでしょう。
クレンジングをする事で毛穴の中はキレイになり、肌もワントーン明るくなります。
しかし、クレンジングし過ぎてしまうと、肌トラブルの原因となるので注意が必要です。
クレンジング剤を使ってマッサージするように、長時間洗顔してしまうと、肌に必要な水分や油分なども落としてしまう事になります。
結果、乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。
クレンジングは長い時間行わないように心がけましょう。
1分から2分間程度で、クレンジングを終わらせる事がおすすめです。
化粧水や美容液など基礎化粧品も、何度も重ね塗りするスキンケア法も間違いです。
何回も重ねてつける事で、より美容成分が浸透するように感じます。
ですが、肌に浸透する美容成分の量は決まっているので、重ね塗りしたからといって決まっている量よりは入っていきません。
それどころか塗り重ねする事で肌に刺激が加わり、シミなどの原因となってしまいます。
化粧水や美容液は規定の量を守る事が大切です。
シートマスクによるパックも、長い時間行う事で肌にダメージとなります。
パックは長くつけていればいる程、美肌効果があるように感じますが、シートマスクを長時間つけているとかえって、肌が乾燥してしまうのです。
シートマスクによるパックは、5分から10分程度行うのが理想です。
このように過剰な美容法は肌トラブルを引き起こす原因となります。
適度な美容が美肌を作るのです。